あなたの歯科治療と人生のさらなる充実をお手伝いする総合情報サイト

歯科治療でのブリッジについて考えていこう!

ブリッジのいいところについて調べたよ

「ブリッジ」は、抜けた歯の隣または周りの歯を土台として、その歯を削るか(土台になるべき歯が痛んでいて歯根しかないときは、その上に土台をつけて)冠(クラウン)と呼ばれる形の義歯をかぶせることで、失われた歯によってできた隙間を埋める治療法です。
ブリッジも、入れ歯同様大がかりな手術が不要ですし、細かいルールがありますが保険適用内であれば割安で治療ができます。犬歯までなら、保険適用内で白い義歯(歯科用プラスティック)を使うこともでき、審美面もバッチリです。
また、ブリッジは取り外し式ではないので、煩わしい毎日の洗浄は不要です。(診断のための定期的な通院は続けましょう。)入れ歯のように隙間にものが詰まってしまうこともなく、快適な装着感を実現でき、しっかりと噛むことができます。

ブリッジの欠点について徹底リサーチ!

ブリッジのデメリットは、なんといっても健康な歯をたくさん削らなくてはならないことです。
歯を削れば健康な歯にダメージを与えることになるので、将来的にはさらに多くの歯を失ってしまうリスクがあるのです。ただし、ブリッジをかけるのが奥歯のときは、歯の全部ではなく半分のみを削れば良いケースもあります。
さらに見逃せないデメリットが、3本以上連続して歯が欠けている時には治療が難しくなり時間がかかってしまう上に、保険適用外になってしまい治療費も割高になってしまう点です。
また、犬歯や前歯のブリッジは保険適用内で白いものにできると書きましたが、そこで使われる白いプラスチック(硬質レジン)は変色しやすく強度が劣りますので、質を求めるならセラミックを塗りつけたものを自費でつけてもらうことになります。