あなたの歯科治療と人生のさらなる充実をお手伝いする総合情報サイト

歯が抜けてしまうことによるリスク

入れ歯のメリットを調べてみた

一般に「入れ歯」と呼ばれているものは、取り外せる義歯のことを指します。
入れ歯は非常に有名な治療法ですが、そのメリットは何と言っても保険適用が可能な場合非常に割安で治療を行うことができるということ、大がかりな手術が不要で全身への負担が少ないということです。これは、特に持病のある方や高齢者にとっては非常に重要なメリットです。手術が不要なのは、入れ歯を使うためには、入れ歯を支えるためのバネ(クラスプ)をかける歯をわずかに削るだけで済むためです。また、入れ歯では残っている歯の本数が多い場合、少ない場合のそれぞれに対して柔軟に対応することができるので、どのような方にとっても治療を実施しやすいという点も見逃せません。

入れ歯のデメリットとは?

「入れ歯」には、歯の本数を問わず対応でき、全身に優しく安く治療ができるというメリットがありました。
しかし、そんな入れ歯にも、デメリットがあります。「年寄りの象徴」とされがちであるということももちろんですが、入れ歯を支えるための金属ばねが口内で目立ってしまい審美性に欠けるのが重大なデメリットです。
さらに、入れ歯は食事のたびに取り外して、洗浄などのケアをする必要があります。入れ歯の洗浄は口内の健康を保つために重要なことですが、毎日複数回に亘るとなると、案外煩わしいものです。
また、入れ歯は取り外し式であることから、隙間に食べ物が詰まりやすい構造になっています。さらに、違和感が強く噛み心地があまり良くないという点も見逃すことができません。