どんな選択肢があるの?抜けた歯の治療法

あなたの歯科治療と人生のさらなる充実をお手伝いする総合情報サイト

歯が抜けたら入れ歯をしよう!

歯が一本くらい抜けたところで、食事は多少差し支えるにしても、生活にはたいして支障がないし、治療にも費用がかかるから放置しておこう、とお考えではありませんか。
実は、そうではありません。歯が抜けることによるリスクは、決して食事中だけのものではないのです。
では、まずは機能面での悪影響について考えていきましょう。歯が一本なくなっただけで、その向かい側の歯は嚙みあわせによる刺激を受けられなくなります。すると、驚くことにその歯は刺激を求めて歯茎の中から伸びてくるのです。これにより、歯が抜けたスペースまで向かい側の歯が到達してしまえば、歯を補う治療は非常に困難になってしまいます。また、抜けた歯の隣の歯も傾いてしまうため、歯並びが悪くなってしまいます。
さらに、たくさん歯が抜ければ嚙みあわせのバランスが悪化して顎にダメージをもたらし、顎関節症や歯周病などのリスクが上がります。
続いて、審美面・精神面でのリスクです。前歯の場合は、人と話すたびに自分の印象の悪化が気にかかり、自信をもって人と接したり、仕事をしたり、自分らしく笑うことができなくなってしまいます。では、奥歯が抜ければ審美面的なリスクはないかというと、そうではありません。奥歯が抜けても、頬がこけ、顎の輪郭がたるんでしまうのです。さらに、歯が抜けて長く放置すると歯茎がたるんできますが、それも実年齢以上に老けて見える原因となりえることです。さらに、うまく発音ができなくなることも自分らしいコミュニケーションに支障をきたします。
最後に、生活面でのリスクについてみていきましょう。歯が抜けたまま放置しているとうまく食べ物が噛めなくなります。美味しいもの本来の味わいを楽しめなくなるのはもちろんのこと、胃腸にも影響が出てきますし、唾液が減少して口臭悪化のリスクが増加します。咀嚼による脳への刺激も薄れるので、ボケの促進にもつながります。

おすすめリンク

港区の審美歯科でできること

審美歯科というと具体的にはどういった治療なのでしょうか。港区の場合について見てみましょう。